着物を着ると、日本人であることを実感しますが手入れには本当に気を遣います。
まず季節ごとに虫干し、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば思い切って買い取りしてもらいませんか。
眠っていた着物も、新しい持ち主のところに行けますし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。
和服の買取というと、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いらしいので、私も貰い物の着物類をこの際、処分しようかと考えています。
モノは悪くないので、買い叩かれないように、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。
古着売買には古物商の届出が要るため、まずそこを確かめてから査定依頼する予定です。
要らなくなった和服を買取に出すとき、値段が心配になりますよね。
相場があれば知りたいというのも当然です。
ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、例を挙げるのが困難な商品です。
たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。
着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。
かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物とその付属品が大量だとか、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持参するのに苦労しますね。
それなら、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。
依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただ、業者基準の量に満たないときは、来てくれませんので、その時は宅配便査定(買取)を利用することになります。
あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。
最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。
私が見聞きしたところでは、着物の出張査定を頼んだだけなのに、いきなり連絡もなく家に来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。
チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。
古物商の届出が出ている業者は、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。
それほど重さが苦にならないのであれば、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。
自分で持ってきたのなら、査定額がいまいちだったりしても、買い取りを断ることも簡単です。
対面で疑問点の解消もできますし、価格交渉もでき、1枚だけ持ち帰るなんてこともできます。
もし、分量が多くて持参できないときは、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、納得できた業者さんだけに出張査定をお願いするというのもありですね。
タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、これがいくらになるのかを査定してくれるのはどこか、周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。
この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も手軽に利用できるようです。
サービスの内容や買取価格を調べ、自分の希望に合ったサービスを行うお店をじっくり探していきます。
古い着物を買取業者に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。
けれどもウールや化繊の着物というと、もともとの価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、断られることもあります。